トップページ > 法人のお客様
法人のお客様
Love Your Life 〜誰を幸せにしますか?
法人のお客様

◆時代の変化、ビジネスのスピードを察知する力が弱い
◆会社への誇りやチームとしての一体感が弱まっている
◆上司、部下との信頼関係、コミュニケーションが希薄になっている
◆新しい視点をもつことを従業員は望んでいるが手立てがない
◆従業員のマインド(ソフト)と企業環境(ハード)の連動がなされていない
◆ストレッチ目標を自らに課すマインドが備わっていない
◆女性を活かす職場にするにはどうしたらいいのかわからない

上記は企業や諸団体の方々からよく聞くお悩みの声です。
御社はいくつ当てはまりましたか?

組織(諸団体を含む)は毎日少しずつ変化している生き物です
その生き物が元気よく更に進化していくには従業員1人1人の未来への期待と今の満足が
大切になってきます。
1人1人の従業員が「幸せ」を感じる組織とはどのような組織でしょうか

毎日の「嬉しい」「悔しい」「頑張るぞ」「認められた」その積み重ねが
組織の栄養となり成長に繋がるのです

成長の未来予想図を描きたい、描いていたがなぜか達成できていないなどの
「人」「組織」でお悩みの方々を支援いたします

ページ上に戻る

個を活かす3つの要素

「従業員満足およびお客様の満足をより一層高めていくことが必要不可欠です」
このような一文をよく見かけますが具体的な改善案、改革案は千差万別なはずです

なぜなら「人」にも個性があるように「組織」にも個性があるからです

その個性を活かしその「組織らしさ」を出す事が必要となってきます

御社にとって「自社らしさ」とは
社会において御社の「役目」、「使命」はどのようなことなのでしょう

「経営戦略/人事戦略」「採用/配置」「教育」の3つの要素の位置づけはどのようになっていますか
連動していますか?

個の活かし

ページ上に戻る

個人の動機付けと成果について

「自社らしさ」を明確にした次のステップは「個」に着目していきましょう
Life Creator Laboratoryでは「個」のキャリアのポジションニング(個の動機付け)を
理解することが重要と考えています

人が進化、成長することを4つのポジションニングに分け採用(新卒、中途採用)から、現場への配置
人材育成、教育体系構築、中長期の人的戦略までのご提案をさせていただきます

個人の動機付けと成果について

ページ上に戻る

コンサルティングポイント

「自社を知る」ことからスタートし「自社の強化」「自社の成長」というサイクルで支援させていただきます

「自社を知る」ことは現状のありのままの姿を知る事です
既に持っているもの、余計に持ってしまっているもの、持たないばかりに問題・課題に繋がっているものを棚卸しします

「自社の強化」は「従業員」を中心に社内の合意形成を行っていく事です
自社が勝ち残っていくためには1人ひとりの資質を理解し、どのような動機付けで各個が毎日の仕事を 行っていくのかを理解することから開始します

「自社の成長」は全ての「従業員」が自社の成長を願い、日々努力ができるような
目標を掲げる事です
自社が成長するということは従業員も共に成長することが求められてきます
目標設定をした定量、定性的な目標やプロジェクトにそれぞれの従業員が関わり合い
成長へのベクトルに参画意識を促すことで自社とともに成長する人材を育てます

ページ上に戻る

サービス概要

◆◆Mentoring Management◆◆
メンタリング・マネジメント 〜 経営戦略/人的戦略

人財あっての企業であるという原点を再確認し自らが進化し、学習する組織に変革を起こしていく
中長期のプログラムです
企業の経営理念からコンピテンシーを活用した人的戦略を組織横断型で促進していきます
個々の強みを理解した上でハード(組織インフラやシステム等)とソフト(企業として必要な考え、能力、スキル) を掛け合わせ組織そのものが一つの目標に向かっていき強化を図っていきます

研修や外部コンサルタントが中長期に渡って導入していても進化、変革が見られない
何も変わらないとお感じの企業様、または中長期(最短2年)に人財育成を
検討されている企業様向けのプログラムです

スタートまでのプログラムの立案、進捗、サイクルの回転まで、また外部メンター(育成者)として参画し、支援させていただきます

◆◆Diversity Management◆◆
ダイバーシティ・マネジメント 〜多様性の活用

今や多様性というキーワードに視点を置かなければ企業存続にも繋がらないでしょう
それは男性、女性という区切りだけではなく個々一人一人の特性や思考などを
まずは理解をすることが大切になってきます

お客様対応ができるようになるにはまずは社内間の理解、無駄なプロセスや無理なシステムなどの
ハード部分をリストラさせることも人を活かす手立ての一つでもあります

企業の促進プログラムの一つに女性の活用があります
女性の社会進出はここ数年ぐんを抜いて数字をあげてきています

ただ、女性特有のライフライン(結婚や出産、介護など)の節目では何かを断念せざるおえないという
状態があるため働きたいというニーズと働いて欲しいという企業側のニーズがミスマッチを
起しているといった現状があります

女性の管理職支援や管理職候補者育成など外部メンターとして支援いたします

◆◆Project Management ◆◆
プロジェクト・マネジメント 〜 新規事業立案、立ち上げ、会議のファシリテーション

企業には無数のプロジェクトが日々走っています
プロジェクトが成功するか否かは「コミュニケーション」「役割」「全体俯瞰」する力です
新たに事業立ち上げをするための立案、または会議のファシリテーターとして参画し
支援させていただきます

◆◆Human Resource Management ◆◆
ヒューマンリソース・マネジメント 〜経営戦略に基づいた採用、ポジショニング

企業の変革、または強化を行うためには良い人財を確保することが優先なはずです
では、良い人財とはどのような人財でしょうか?
まずは「自社らしさ」を明確にすることが大切です
そして経営戦略/人的戦略と「自社らしさ」を結びつけていくのです

個を活かすためには採用後のポジショニング(配置)も重要です
個々の動機付けだけではなく資質や今現在の能力と配置される現場の部署との
マッチングが成立させる必要性があります

外部面接官および人的戦略の一環のポジショニング(配置)までの支援をさせていただきます

◆◆人材教育/教育体系構築◆◆
〜個を活かすキャリアデベロップメントに基づいた教育立案

現場で起こっている課題や問題を抽出し研修スタイルでご提供させていただきます
机上の空論にならないように現場へ必ず繋げていくことをモットーにデザインいたします

これから教育体系を構築する、構築しているが何か上手く回っていないなどのお悩みを
お持ちの企業様向けです
新たに教育体系を創る、または教育体系見直しの支援もいたします

◆◆支援システム◆◆
〜必要なときに必要なだけの支援システム 相談役契約

プロジェクトを回しているがなぜか上手くいっていない、現場の人間で気になる人財がいる
以前教育で関わってもらったが何かが足りないなどのお悩みの企業様を支援させていただきます
基本的には自分達で課題解決したい、問題解決したい、ただ、その手立てが見当たらないなど
自立されている企業様向けの「相談役」としてご活用ください

ページ上に戻る

実績

【コンサルティング】

◆Mentoring Management 部署間の管理職育成
組織横断型 ビジョン浸透
若年層向け 課題・問題解決
◆Diversity Management キャリア開発に基づいた昇格前・管理職の女性の育成
(マンツーマン)
行動傾向や自己表現に基づいた管理職支援(マンツーマン)
◆Project Management 新規事業立ち上げサポート
営業プロセス見直し
営業ツール改善
M&A案件においての社内推進プロジェクト参画
◆Human Resource 
  Management
経営戦略に基づいた採用計画立案
新卒、中途採用の面接
経営戦略に基づいた配置計画立案 / 配置後の従業員満足度調査
◆人材教育/教育体系構築 ベンチャー企業向け教育体系創り

【研修】

*プレゼンテーション *ロジカルシンキング *アサーティブ *プロジェクトマネジメント
*キャリアデザイン *チームビルディング *会議のファシリテーション

コンサルティング参考事例A社

【いただいた与件】

ダイバーシティ(多様性)促進の一貫として女性の管理職育成に力を入れている
ただ、女性の管理職率は一桁で伸び悩んでいる
ハイパフォーマーを中途採用で採用したが既存の人材と融合ができない

【コンサルティング内容】
ハード(制度)とソフト(動機付け)の調査&提案

◆ハード◆
企業そのものの在りかた探求、全社共通の価値観の棚卸し、採用基準の明確化

◆ソフト◆
管理職候補一人一人の動機付けを調査、管理職登用から管理職継続を中長期のサポートチーム
体制立案

【成果】
全社の採用基準が明確になったため人件費を削減
サポートチームを現場が行う事で男女共に意識が高まり新たな人的戦略プログラムを推進中
能力別、スキル別にサポート体制を整えていったため
従業員同士の活用から社内活性化に繋がっている
机上の教育体系ではなく社内で必要となるスキル、能力開発の体系が明確になりつつある

ページ上に戻る

コンサルティング・フロー

※ご相談内容によってフローが変更になる可能性もございます

お問い合わせはこちらからお願いします

ページ上に戻る